7


昨年までのダメダメ予想を参考に今年の予想!
今年はあくまで『3連単』!


最強競馬ブログランキングへ

ではさっそく!

【今年の予想】
あ)馬番③⑬はこない。(ともに0-0-0-10)
前走1番人気は注意。
→③ウインマリリン(4人)
→⑬シャレード(7人)

い)前走、1勝クラス組は連対または2番人気以内。
新馬、未勝利クラスは1着かつ2番人気以内。
→①エレヴァテッツァ(未勝利・3人1着)
→⑤ルトロヴァイユ(1勝・8人4着)
→⑥ウィスパリンホープ(未勝利・3人1着)
→⑧リヴァーシュ(1勝・3人5着)
→⑩ヒューマンコメディ(未勝利・9人1着)
→⑫ヴァリアーモ(1勝・1人2着)★
→⑯フアナ(未勝利・1人1着)★
→⑰レッドサーシャ(新馬・3人1着)


う)前走、右回り重賞組は5着以内または0秒5差以内。
→④シャンドフルール(チューリップ賞・13着、2秒5)
→⑨スカイグルーヴ(京成杯・2着)★
→⑪レッドルレーヴ(フラワーC・2着)★
→⑭テイエムフローラ(毎日杯・7着)
→⑮ショウナンハレルヤ(フラワーC・12着1秒7)

え)前走、左回り重賞組は3番人気以内かつ5着以内。
→②セイウンヴィーナス(クイーンS・12人3着)
→⑦ホウオウピースフル(3人6着)

激)東京・阪神の2000mを勝っている馬は注意。
(*激走馬コーナーのことです)
→⑦ホウオウピースフル★

今回は桜花賞を回避して最初からオークス狙いで来た馬が多い。
つまり東京の直線で長く良い脚を使ったら勝負できると思ってる馬たちが多いということ。
裏を返せば、「スピードには自信がない」ということ。
ということは切れ味勝負または前目で競馬できる馬を選びたい。

予想結果は!

◎⓫レッドルレーヴ
前走フラワーCは、前目につけた勝ち馬(アブレイズ)の粘りに屈したが、
4コーナーで先頭集団に取り付いて坂を上ってからも良い末脚を使い続けた。
上りタイム自体は平均よりかなり遅め(36秒3)だったが、
タイム1分48秒3(勝ち馬と0秒1差)は、
次の日に行われたスプリングS(1分49秒8)と比べてもかなり速い。
過去10年見てもフラワーC上位組は相性が良いこともあってこちらを本命に。

◯⑮ショウナンハレルヤ
今のところこの馬が逃げると予想。
前走フラワーCは出負けしたことで中団内の前目。
直線では内で他馬にぶつけられて進路をなくし、
騎手が下げざるを得ない状況になったため、
今回は意を決して前にいくと読む。
2走前に2番手で競馬して東京1800m戦を勝利しているので、
本番よりも可能性のあるここを本気で勝ちに行くと読む。

▲⑫ヴァリアーモ
前走ゆりかもめ賞は4コーナーでうちの馬にぶつけられ、
外を回った分の距離ロスが響いた。
また距離的にも少し長かった印象があるので、
本番(オークス)はともかく、
距離短縮の今回は買い。
まくって上がって直線先頭集団につけ、
長く良い脚を使い粘れそう。


【最終買い目】
1着⓫
2着⑫⑮
3着⑦⑨⑫⑮⑯
(2,3着マルチ)
買い目総数 8×2=16点(1点200円)

ワイド⓫→⑮(1点1800円)

の合計5000円で勝負!


最強競馬ブログランキングへ