おはようございます!
なかなか思うようにはいかない世の中。
そして競馬の予想ですね(笑)

ここのところ地方競馬で痛い目にあってまして・・・
なかなかに自分のダメダメな人生を見つめなおせる時間も大にあり。
これまた悲しくなります(笑)

そんな中、
少しずつ競馬仲間が増えてきて、
自分は「間違ってない」と言ってもらえているような気がして。
癒されてます( ;∀;)

他の方の競馬ブログを見ると本当にレベルが高く、
自分のだらしない予想がどうしようもないのが分かります。。。

しかし、競馬の予想に「絶対」がないのも事実。
どんな予想でも当たったもん勝ち!
(当たってからいいますねw)

昨年までのダメダメ予想を参考に今年の予想!
今年はあくまで『3連単』!


最強競馬ブログランキングへ

ではさっそく!

【今年の予想】

あ)馬番条件(前走1着馬は除く)
→①フィリオアレグロ(共同通信杯・2人3着)[0-0-0-10] [消]
→⑭サーストンカイドー(1勝・7人3着) [0-0-0-8] [消]
→⑯プリマヴィスタ(1勝・8人3着) [0-0-0-8] [消]
→⑱コンドゥクシオン(1勝・4人1着) [0-0-0-6]

い)前走条件
新馬・・・未出走
未勝利 [0-0-0-14]
→⑧アピテソーロ(未勝利)[消]
→⑩ダノンセレスタ(未勝利)[消]
条件馬 [6-7-8-65]
 〈傾向〉3番人気以内かつ4着以内、または1着馬
→⑦ヴァルコス(1勝・2人1着)
→⑨アイアンバローズ(1勝・5人2着)[消]
→⑫メイショウボサツ(1勝・7人1着)
→⑮フライライクバード(1勝・1人1着)
→⑰ディアスティマ(1勝・1人2着)
→⑱コンドゥクシオン(1勝・4人1着)
OP [1-0-1-17]
 〈傾向〉2番人気以内かつ7着以内
→④ブルーミングスカイ(OP・3人4着)[消]
→⑤ディアマンミノル(OP・5人8着)[消]
重賞 [3-3-1-40]
 〈傾向〉6番人気かつ7着以内
→②アラタ(弥生賞・10人6着)[消]
→③オーソリティ(弥生賞・3人3着)
→⑬ロールオブサンダー(京成杯・5人7着)
ダート・・・0-0-0-14
→⑥レアリザトゥール(ダート1勝・13人12着)[消]
→⑪フィロロッソ(ダート1勝・1人1着)[消]

う)前走内訳
中山2000m[2-2-0-16]
 弥生賞・・・2-1-0-7
 京成杯・・・0-1-0-1
*京成杯組は上位馬のみ。
 他   ・・・0-0-0-8
中京2200m(大寒桜賞)・・・1-3-2-3
阪神2400m[3-1-2-15]
 アザレア賞 ・・・3-0-1-4
 ゆきやなぎ賞・・・0-1-1-6
 他・・・0-0-0-5
→⑬ロールオブサンダー(京成杯・5人7着)[消]
→⑱コンドゥクシオン(山桜賞・4人1着)[消]

「残った馬」
③オーソリティ
⑦ヴァルコス
⑫メイショウボサツ
⑮フライライクバード
⑰ディアスティマ


ここに、①フィリオアレグロを復活(笑)
レーン騎手の一発は怖いから。


ってことでブレブレの予想結果は!


◎⑮フライライクバード
このレースと相性の良いアザレア賞1着馬。
タイムも2分27秒4と好タイム。
この時の2着馬ディープボンド(皐月賞10着)を基準にして考えると、
オーソリティ(弥生賞3着、4着でその後皐月賞9着ブラックホールと同タイム)とはほぼ互角。
しかもオーソリティの弥生賞は馬場に脚を取られていたにしても伸びなかった印象。
距離を伸ばして良いとは思えないので、こちらを本命に。
スクリーンヒーロー産駒は距離延長もOKだし、
結果が出ているときはひたすら買いな印象。
連勝中なのでここも勝つ可能性大。

◯⑰ディアスティマ
大寒桜賞組からこちらを。
1着馬の方が成績は出しているがあえてこちらを。
4コーナー手前で急に失速し北村Jがムチを叩いていたのが印象的で、
周りが仕掛けたのに対し鞍上が仕掛けを遅らせたことが逆に気を抜かせた感じ。
その後は最後まで伸び続けて先に抜け出したメイショウボサツを半馬身まで追い詰めた。
さらに距離が伸びても良さそうで、
菊花賞で本命にしたい1頭。(コントレイル、サリオスがいなければw)

▲③オーソリティ
前述した通り本命馬とは力差はない。
問題は距離延長がどうかということだけ。
母がマイル系の印象が強い印象なので父オルフェーヴルの血で果たしてどこまで。
あとは中山の急坂で失速していたこと、
前走の重馬場で末脚が鈍ったことから、
東京の坂をどう攻略するかがカギ。
ただし、レース展開自体が切れ味勝負となれば、
楽勝もありうる。


【最終買い目】

1着⓯
2着③⑰
3着①③⑦⑫⑰
買い目総数 8点(1点500円)

ワイド⓯→⑰の1点×1000円

の合計5000円で勝負!


最強競馬ブログランキングへ