11


おはようございます!

今週、というか先週ぐらいからずーっと考えていました。
自分の予想スタイルをどう変えていこうか、と。
当たらないこともあるのですが、
当たらないから少しずつ変化させていった結果、
だんだん自分の予想の「軸」というかスタイルがわからなくなってきたから、です。

来週にはダービー。
少なくとも来週は当てたい!
今週を「バネ」にして高く高く跳ぶ!

・・・と暑苦しい前置きはここまで(笑)

今日は優駿牝馬(オークス)。
史上2頭目、無敗の2冠馬誕生か、
それとも史上最速での女王誕生か、
はたまた桜花賞の雪辱を果たす馬か。

昨年までのダメダメ予想を参考に今年の予想!
今年はあくまで『3連単』!


最強競馬ブログランキングへ

ではさっそく!

【新予想スタイル】


「実績ランキング」
過去の傾向から各路線においての有力となる取捨情報を手に入れます。
え?今までと大して変わらないじゃないかって?
ここで、僕がずーっと温めてきた「数値」を使っていきます。
まだまだ調整中なので詳しくは言えませんが、
簡単に言うと「レースでの走りを数値化したもの」です。
もちろん試作段階での仕様ですので、
これまでの僕の予想と一緒で当てにはしないでください(笑)

「上位5頭」
①デゼル
②クラヴァシュドール
④デアリングタクト
⑤ホウオウピースフル
⑯ウインマリリン


ここに気になる馬を少し足して…
⑥リアアメリア(東京なら…)
⑱サンクテュエール(ルメールJ怖い…)


予想結果は!

◎④デアリングタクト
無敗の桜花賞馬。
前走、重馬場であれだけのパフォーマンス。
今年のハイレベルな牡馬たち相手にNHKマイルC・2着と改めて力を見せたレシステンシアを、
全く相手にしない末脚。どのポジションからでも競馬できそうであり、
出たなり中団で競馬できれば圧勝もありうる。
また、過去3戦すべて上り1位で馬場、ペースに関係なく終い必ず伸びてくる。
桜花賞を2番人気で1着からの参戦は過去10年で3頭。
 アーモンドアイ→1着
 ジェンティルドンナ→1着
 マルセリーナ→オークス4着
マルセリーナは桜花賞が初重賞制覇であった。
この馬も桜花賞が初だが、
「重賞未出走」かつ「無敗」はこの3頭をはるかに凌ぐ好材料。
心配なのは松山Jがどのポジションで競馬するか。
後ろ過ぎると届かないことも十分あり得る。
出たなりの中団で競馬できれば2冠は間違いないと読む。

◯②クラヴァシュドール
桜花賞では向こう正面での不利、
そして直線に向いてからも進路を見つけられずに仕方なく馬場の悪い内へ。
それでも最上の競馬をした3着スマイルカナに迫る4着。
改めて力のある所を見せた。
2歳時にはサウジアラビアロイヤルCで、
朝日杯FS勝ちでで皐月賞2着馬サリオスと差のない競馬をしており、
東京替わり、距離延長もプラス材料。
位置取りも内枠を生かして前目のインで競馬できれば、
逃げるであろうスマイルカナを直線半ばで交わして、
長くいい脚を使ってそのまま後続の追撃を抑える…なんてことも十分ありうる。
デムーロJがG1では乗れているのも好材料。
NHKマイルC連覇、とくればオークス連覇も十分ありうる。

▲①デゼル
別路線組からはこちらをチョイス。
前走スイートピーS組は過去10年でたった1頭しか馬券になっていない。
(昨年2着のカレンブーケドール)
だが、カレンブーケドールが1分47秒7(上り33秒1)で勝ったのに対して、
1分47秒1(上り32秒5)で勝っているので、
カレンブーケドール以上の素質を秘めていてもおかしくはない。
減点材料は「G1の速い流れ」に対応できるか。
過去2戦ともレース中間でペースが緩んでの上り勝負。
過去10年で1000m通過が59秒が4回あり、
今回も前に行く馬は少なめながら速めの流れになりそう。
道中脚を使われると持続力がどの程度続くかはまだ疑問なので3番手評価。

【最終買い目】
1着❹
2着①②
3着①②⑤⑥⑯⑱
(1,2着マルチ)
買い目総数 10×2=20点(1点400円)

ワイド❹→②の1点×2000円

の合計10000円で勝負!


最強競馬ブログランキングへ